介護保険への移行について

みなさん、こんにちは。
当相談支援事業所にて「サービス等利用計画」を作成させてもらっている利用者のみなさんは、現在希望する障害福祉サービスを利用されていることと思います。
「介護給付」というサービス(居宅介護・重度訪問介護・短期入所・生活介護など)利用をされている方は、介護保険サービスの対象(基本65歳)になりますと、同じ役割を持つ介護保険サービスのご利用が優先されることとなります。
その場合、現在の相談支援事業所と一緒にプランを作ることから「包括支援センター」や「ケアマネージャーさん」と介護保険制度を活用してプランを考えていくことになります。

もちろん、相談支援専門員も一緒に考えさせていただきます。
将来を考えるうえで、介護保険への移行の対象となるときのことを相談支援事業所の相談員さんと共有しておかれると、納得して安心感のある移行につながるかもしれませんね。
障害福祉サービスが全く使えなくなることではありません。
詳しく知りたい方は、担当の相談支援事業所相談員さんにお問い合わせください。

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です