ぬくもり美術館

ぬくもり福祉会には素敵な作品があります。
今回はその一部を紹介させていただきます。

まずは、ぬくもりの家にある水彩画。
縦80㌢横3.6㍍のベニヤ板に描かれた大きな作品です。
ぬくもりの家の開所一周年記念を記念して、ペン画家柄沢照文さんが一ヶ月かけて描いてくれました。
この絵は当時の利用者さんと職員の似顔絵なんです。
いまでもこれは○○さんだよと話をしています。
完成した時は中日新聞で紹介されました。

続いてはぬくもりワークス開所時の作品。
建築時に依頼した階段踊り場のステンドグラスです。
作成者は、元職員だった方。ぬくもり福祉会のイメージで作成していただきました。

そして、こちらは漫画家富永一朗さんの作品です。

また機会がありましたら、他の作品も紹介させていただきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です