運営理念

多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより、利用者が、個人の尊厳を保持しつつ、自立した生活を地域社会において営むことができるよう支援いたします。

代表あいさつ

幾多の方々からのご支援をいただいて、社会福祉法人 ぬくもり福祉会は平成元年四月「精神薄弱者通所更生施設 ぬくもりの家」を開設以来、都市化したとはいえ、かつて日本デンマークと呼ばれた田園風景が広がる自然環境と近代工業隆盛の恩恵を受けて、地域と共に多岐に亘り福祉事業を展開いたしております。
30年余り前に知的障害者福祉施設建設の動機となったのが当時の「安城市手をつなぐ親の会(会長・初代当法人理事長:神谷 悟)」会員一同で、親亡きあとのこの子らの安息の施設が欲しいの一念でした。
この理念は今日も継承され、平成25年4月に待望の障がい者総合支援施設「ぬくもりの郷」が開設され永年の夢が叶いました。これからも利用者・親御の要望に応えるべく精進いたしますので相変わらずご協力ご支援を賜りますようお願い申し上げます。
ホームページを閲覧くださりありがとうございました。

社会福祉法人 ぬくもり福祉会
理事長 鈴木 逸郎